理事会
595
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-595,bridge-core-2.7.4,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-25.9,qode-theme-bridge,disabled_footer_bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-6.6.0,vc_responsive

理事会

Micael-Nord3

ミカエル・ノード(Micael Nord)

会長

マルメ市商務主任。ヨーテボリ大学とルンド大学で政治学を、ロンドン・サウスバンク大学で英語学を学んだのち、スウェーデン国会のEU秘書、ヨーテボリ市の開発担当マネジャー、スコーネ地方開発担当副主任など、自治体や国レベルでの行政のさまざまなポストを歴任している。

Mikael Palmquist_190228_942x709_large

ミカエル・パルムクヴィスト (Mikael Palmquist)

副会長

インカグループ(旧イケアグループ)イケア・リテール社の小売事業担当次長。イケアの日本での展開も担当分野のひとつで、イケア・ジャパン株式会社の取締役会会長を務める。2011年1月から2019年6月まで東京を拠点とし、イケア・ジャパン株式会社のCEO兼カントリー・マネジャーを務め、2014年2月からはイケア・グループ・アジア・パシフィック地域リテール・マネジャーを務めた。

Kesrtin Tham

シェシュティン・タム (Kerstin Tham)

理事

マルメ大学学長・作業療法学教授。研究の焦点は、リハビリの観点から見た脳卒中後の活動および日常生活への参加。カロリンスカ研究所副学長を務めていたころに、医学・ヘルスケア分野で、とりわけ「日常テクノロジーと高齢化」を中心に、日本の大学と協働した経験がある。

lars-vargo_3_942x709

ラーシュ・ヴァリエ (Lars Vargö)

理事

元駐日スウェーデン大使(2011〜2014年)、元駐韓スウェーデン大使(2006〜2011年)。現在は安全保障開発政策研究所・日本センター長を務める。ストックホルム大学で日本研究(歴史学)博士号を取得(1982年)。1972年から1976年のあいだ、2度にわたって文部省の奨学金を受け、京都大学に留学。外交官としては日本に4度滞在している。日本について、主に歴史や文学の分野で、スウェーデン語の書籍を多数刊行し、日本の長編・短編小説、詩をスウェーデン語に翻訳してもいる。Tokyo International Literary Society (TILS) 設立者。旭日大綬章(2014年)、韓国の修交勲章光化章(2011年)を受章。

Viktor Öwall rektor LTH3

ヴィクトル・エーヴァル (Viktor Öwall)

理事

ルンド大学副学長(インフラ・デジタル化担当)。集積電子システム学教授であり、2015年から2020年までルンド大学工学部(LTH)学部長。ヴァレンベリ人工知能・自律システム・ソフトウェア・プログラム(WASP)理事。研究、教育、イノベーションを通じてスウェーデンと日本の大学をつなげるMIRAIプロジェクトの総会では、ルンド大学の代表を務める。

Cerold Andersson Fanuc

セロルド・アンデション (Cerold Andersson)

理事

スウェーデン・デンマーク・フィンランド・ノルウェー・エストニア・ラトヴィア・リトアニアを統括するファナック・ノルディックCEO。工場自動化製品メーカーとして世界をリードする日本企業、ファナックに入社する前には、同じく日本企業であるブラザーとシチズンに15年勤務していた。20年間にわたって日本を頻繁に訪れ、さまざまな地方や文化圏を旅してまわっている。ビジネス上の日本との関わりは、仕入れ、販売、技術、サービスの分野に及ぶ。

Ofelia Madsen_web

オフェリア・マッセン (Ofelia Madsen)

理事

電気アセンブリサービスを提供する国際企業、PanLinkグループのバイスプレジデント(セールス・事業開発担当)。過去にはソニーモバイルコミュニケーションズに13年勤務し、アジアの仕入れ先やメーカーと幅広く連携してきた。何年もアジアに拠点を置き、日本での事業を率いていた関係で、東京を頻繁に訪れてもいる。

DSC_0072_942x709

アンデシュ・オルスホーヴ (Anders Olshov)

理事

シンクタンクIntelligence Watchの設立者・所長。スウェーデンではよく知られたエコノミスト・評論家でもある。エコノミストとしてノルデア銀行に勤務したのち、スウェーデンとデンマークの国境をまたいだ研究所、オーレスン研究所(Öresundsinstitutet)を設立、12年にわたってその所長を務めた。2010年、スコーネの“エコノミスト・オブ・ザ・イヤー”を受賞。J-Parc(Japan Proton Accelerator Research Complex、日本陽子加速器研究施設)を訪問し、これについて執筆したほか、スコーネと日本のビジネス関係についても執筆活動を行なっている。

cecilia_christersson_942x709

セシリア・クリステション (Cecilia Christersson)

副理事

マルメ大学副学長(グローバル・エンゲージメント、チャレンジ設定型学習担当)。現職に就任する前の6年間は、副学長として教育、国際化、品質開発を担当していた。歯科医であり、歯科補綴学・歯科材料科学の准教授を務める。価値観に基づいたリーダーシップ、持続可能な発展のための平等教育というテーマを中心に、日本の高等教育機関を含め、学術界に幅広い国際的なネットワークを有している。米国の国際信念・価値観研究所(International Beliefs and Values Institute)の価値観に基づいたリーダーシップ賞、ストックホルム王立工科大学のヤンネ・カールソン・学術リーダーシップ賞を受賞している。

Richard Hultin 2011_ DSC 4736b

リカルド・フルティーン (Richard Hultin)

副理事

世界をリードする建設・プロジェクト開発企業で、約32,500人の従業員を擁するスカンスカ株式会社の上級顧問。2011から2013年までは執行副社長としてスカンスカの上級幹部チーム(SET)に属し、スカンスカの住宅開発部門および欧州での商業開発を担当し、その後はスカンスカ・レンタル・ハウスのCEOを務めた。